トップアーティスト監修!『MARUI』アニメーション機能を開発

トップアーティスト監修!『MARUI』アニメーション機能を開発

前回、開発中の Mayaのプラグイン「MARUI」(VR環境での3Dデザインツール)について紹介しましたが、さらにアニメーションのワークフローに欠かせない機能について新たに開発したとの情報が入ってきましたのでご紹介いたします。

 

▼前回記事はこちら

3Dデザインの作業効率2倍!!  Mayaのプラグイン「MARUI」

https://cg-navi.com/2019/0326

 

機能の開発にあたり、アルゼンチンのキャラクターアーティストMatias Zadicoffさんとコラボレーションを行ったそうです。

 

その方法はMatias Zadicoffさんがアニメーション制作を行い、追加したい機能をプログラマーが同時に追加するという斬新なもの。

動画の冒頭のショートアニメーションはこのために作られたものです。

今回の機能についてMatias Zadicoffさんは動画内で、下記の点について特に気に入ったようです。

 

●モニターの中では、どうしてもガラスの中を覗き込むようで細部まで確認するのが難しかった。しかし、360°あらゆる角度から確認ができるVR空間でモデリング作業がはかどった。

 

●アニメーション制作でも、まるで俳優に演技をしてもらうかのごとく、没入感をもって作業ができる

 

また「長年のデスクワークでは首や背中の痛みがあった。しかし今回の作業は2週間行われたが一度も首が痛くなることはなかった。」と語っています。今回の開発はクリエイターの職業病ともいえる腰痛・肩こりなどの解決にも一役買いそうです。

 

▼ソファーに座りながら作業。動画では寝ころびながらの作業シーンも。

▼時には立って作業することも。適度に動きながら作業するのは身体に良さそうです。

▼VRが変えるアニメーション制作の紹介

 

■無料体験版 配信中!

新たなアニメーション機能が追加された最新の『MARUI』プラグインは下記より無料体験版をダウンロード可能です。

是非お試しください!

http://go.marui-plugin.com/trial

 

■Matias Zadicoffさんについて

アルゼンチンブエノスアイレスのフリーのキャラクターアーティスト、モデラ―、アニメーター。

MarvelシリーズやDisney作品の制作にも携わっています。ArtStaionのフォロワーは、なんと8,000人超え。演技の経験もあるとのことで表情豊かなキャラクターの魅力にハマる人続出のようです。

 

▼Matias ZadicoffさんのHP

https://www.mediaramas.com/

 

▼Weihnachten braucht nicht viel - Nur Liebeの一コマ 人物だけでなく背景もお得意のようです。

 

▼Matias Zadicoffさんの作品 デフォルメされた等身のとても表情豊かなキャラクター。

 

2019© MARUI-PlugIn

 

※引用元プレスリリース (https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000036891.html