Rizeのインタラクティブ広告配信プラットフォーム「3D AD」がSSPの「adstir(アドステア)」とタイアップ

Rizeのインタラクティブ広告配信プラットフォーム「3D AD」がSSPの「adstir(アドステア)」とタイアップ

「3D AD」は、3DCGを素材を使い、タップやスクロール、ジャイロ等の操作に合わせたインタラクティブ体験とリッチな表現ができる広配信プラットフォームです。静止画や動画にはない独自のクリエイティブ表現が可能です。2018年6月のリリース以降、スマホゲーム広告を中心に実積を重ね、平均クリック率2倍以上など高い広告効果を実現しています。
 

 

この度の提携により、「3D AD」は「adstir」が保有するメディアへの配信が可能となります。「3D AD」としては初のSSP(※1)接続で、配信メディアが拡大することにより、静止画や動画広告にはないインタラクティブな広告の配信が期待できます。また、ゲームに限らず様々なジャンルの広告を配信することが可能になり、そのことによりメディアの収益向上に期待ができます。

 

 

(※1) SSP(Supply Side Platform, Sell Side Platform)とは 複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化(イールドオプティマイズ機能など)する事で収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと。

 

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000020595.html